新生活

転勤や就職、進学などにともない転居した方も、やっと落ち着いてくる頃でしょうか。

私もこれまで、何度となく転居をしてきました。

家を持つ事に興味がなく、できれば新しい所に移り住みたい。また、生命力の強い虫に住まわれてしまった場合、駆除は至難の業。ならば引越し!といった感覚で、転居を繰り返す人生を選択しています。

引越しをする事で良いのは、数年間で溜まってしまった捨てられずにしまい込まれたものの整理ができる事です。

計画的に荷造りをすれば時間をかけてできるのでしょうが、私の場合はギリギリまで手をつけないので、結局、ほぼ丸ごとの引越しになります。新居で片付けながら整理となるので、落ち着くまでに時間がかなりかかります。

引越しを業者さんにお願いをする時に好んで利用させていただく便利なシステムが、引越おまかせパックです。

食器棚の片づけなどはとてもテキパキとやってもらえ、転居先でも同じようにしまってもらえます。

処分するものがない時には、こんな便利なシステムはありません!

部分的にお願いする事もできるので、システムを知ったうえで利用するのがおすすめです。

転居先でダンボールに囲まれてどんより過ごすより、プロにお手伝いを頼む方が気持ちも楽です。

 

ゴールデンウィーク2

連休も本番!

連休の割に、昨日ほどではないにせよ道は混んでいました。

お天気の良い、暑いくらいの今日でしたが、河原まで鯉のぼりを見に行ってきました。

数十年続いているイベントで、我が家の鯉のぼりも寄付してあります。

とっても久しぶりに行ったのですが、会場が整備されてきれいになっていると印象が違うものです。

昔は、手を伸ばせば届くかもしれないというような微妙な高さを泳ぐ鯉のぼりを見上げたものですが、今は、立ち入り禁止のエリアもあり、ちょっと遠目に眺めるといった印象でした。

安全が一番なのは勿論なのですが、わ~!という印象的なものがないのが残念です。

イベントというものは、主催者の立場を考えれば安全に事故なく開催したいのが当然。

制限もどんどん出てくるのでしょうね。

ところで、鯉のぼり。

今は軽々と風になびきます。実際に軽いですし。

昔の鯉のぼりは重かったですよね。色褪せもしましたし。

そんな色褪せた鯉のぼりが味があって良いと思えるのは、大人になったからなのでしょうか。

子供の頃は、色のきれいな新しいひらひらの鯉のぼりが好みだったような気もします。

そういえば、紅白幕もそうですね。重い綿のものから、ひらひらの化繊のものに変わっています。

質感というものを見るのなら、やっぱり綿の方がそれっぽいのだと思いますが、扱いが大変なのでしょうね。

便利になったのでしょうが、寂しいような気もします。